函館のふもとから

ポタリングと尾瀬から函館のふもとでつれづれに

まきば園(ザゼンソウを探して)

小岩井農場のまきば園で主催している”ザゼンソウを探して”のツアー。
現地集合で予約なしでした。
私が受付したのは9時半過ぎで、私一人かなぁ?と思ったら親子で参加の2グループ。
コジンマリ10時半に出発。

ザゼンソウの芽
まきば園の普段観光客が入れない道を進みました。

青いのは葉っぱ、に包まれて出てきます。

仏炎包は花ではなくがく。水芭蕉と同じ仲間のサトイモ科だそうです。
色はピンク、赤、白いのも有るとの事。

何時ものコノ時期であれば沢山見れるけど、今年は直前に雪が降ったことなどで発芽が遅れています。

中々良い被写体が有りませんでした。
此れが自然なのです、又くればよいことなのです。はまるナァ・・・。
ザゼンソウは時期が短いうえに霜に弱く、がくが直ぐ溶けてしまう。
明日は、ザゼンソウの講義でも(笑)
=・=
長靴の貸出ししていました(有料)、傘も・・・。
私、ハルバル東京から長靴持参で参加です(笑)